小児歯科

何歳から受診するの?

乳歯の大切さ

乳歯の大切さ「子どもの歯はいずれ永久歯に生えかわるから虫歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?
乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響します。乳歯はお子さまの正常な成長発育には欠かせないものです。治療と同時により予防もさらに大切です。

お子さまの受診の目安

お子さまの受診の目安当院では、お子さまの歯科治療はだいたい2歳ごろからの受診が望ましいと考えています。
宗像市では1歳6ヶ月から「歯科検診」が含まれていますので、お子さまに歯科医院での検診を受けて頂きます。検診の際に保護者の方にもブラッシング指導もいたします。特に小さいお子さまの場合は必ず仕上げ磨きをしてあげましょう。
お子さまの歯の状態や歯並びが気になる場合はぜひお気軽にご来院ください。

お子さまの治療方法

歯の治療は大人の方でも苦手なものです。大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。
当院ではそれぞれのお子様の性格を理解したうえで、なるべくお子さまが嫌がる治療をしないように心がけています。特に緊急の治療が必要な場合以外は、お子さまに無理やり治療をすることはありません。
安心して治療を受けに来てください。

お子さまの歯並びについて

癖になっていませんか?

指しゃぶり

指しゃぶり

指しゃぶりをすることで前歯に力が加わることになります。
そのため、長時間続けているとすきっ歯や開咬になりやすくなります。

うつ伏せで寝る

うつ伏せで寝る

うつ伏せで寝ると、顎に負担がかかります。
お口を開けたり閉めたりするだけ痛みが生じたり、食べ物を食べる際に顎に違和感があったり、放っておくと顎関節症になります。

口が開きっぱなし、口呼吸

口が開きっぱなし、口呼吸

口で呼吸をしていませんか?
常に口元が開きっぱなしの場合は口呼吸の可能性が高く、口周りの筋肉が育っていない証拠です。
口呼吸は顎の発達にも影響を与えるため、顎が小さいと歯が並びきれず歯並びが悪くなる原因になります。

矯正治療をお考えの方へ

当院では、歯並びに関するご相談も受け付けております。お子さまの歯並びが心配、すでに歯並びがおかしい等、お気軽にご相談ください。
宗像市内の連携している矯正専門の医院をご紹介します。

保護者の方へ

保護者の方へお子さまにも定期検診は必要です。最初に歯科医院を受診した年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデータがあります。13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて歯科検診を始めたお子さまはそれ以前から始めていたお子さまより、約2倍の虫歯ができています。小さい頃から予防がいかに大切かわかります。
ご家庭での歯みがき習慣などのケアはもちろんですが、 半年に一度は歯科医院で歯科検診を受けられることをおすすめします。

一番上に戻る
TEL:0940-35-7770